妊娠中の風邪薬の服用は絶対にNGなの?

妊娠中にも風邪ひきますよね。でも、周囲の人からは“なんてことだ!!風邪薬も飲めないのに!!”と必要以上の反応を示されて、困惑していませんか?

実は、妊娠中であっても風邪薬飲んでも大丈夫なのです。ただし、それには条件付き。そこで今回は、妊娠中の風邪薬の服用方法についてご紹介したいと思います。

【妊娠中の風邪】

《妊娠中に風邪をひきやすくなる理由》

妊娠中のママであっても人間。風邪だってひきます。むしろ、妊娠中には風邪をひきやすい。それはどういったメカニズムで起こっているのでしょうか?

妊娠前のカラダなら、免疫力が働き、風邪や食中毒の細菌など、有害な物からカラダを守ってくれています。しかし、妊娠中の体はその免疫力が低下します。

妊娠中こそ免疫力をあげて欲しいところなのですが、あえて落ちているという事。これにはどんな理由があるのでしょうか?

(ホルモンバランスの乱れ)

妊娠中には、ママのカラダの中では、多くの女性ホルモンが活性化します。これによって、お腹の赤ちゃんが守られ、成長する環境が整っているのです。

しかし、同時にママの体内のホルモンバランスは乱れ、これが自律神経の乱れを招くのです。これが抵抗力が低下する要因の一つと言われています。

(ストレス)

妊娠中のママのカラダは、ホルモンバランスの変化によって、様々な体調不良・変化を迎えます。これがつわりという形で現われ、ママのカラダに多大なストレスが生じるのです。

このストレスも、自律神経の乱れの原因に拍車をかけているのです。

(父親の遺伝子の影響)

妊娠中のママのカラダに宿っている赤ちゃん。愛しい愛の結晶です。しかし、ママのカラダにとっては別の話。

ママのカラダに宿っている赤ちゃんの半分は父親の遺伝子をもっているため、ママのカラダには元々なかった物が存在していると、カラダが拒否反応を示し、排除する可能性があるのです。

これを避けなければ、流産・早産というリスクが高くなってしまうので、ママのカラダはあえて抵抗力を落としているという説があるのです。ただし、これによって、そのほかのウイルスなどの侵入も許してしまっているのです。

《妊娠中の風邪/危険な風邪》

そんな、様々な理由から、妊娠中のママのカラダは風邪をひきやすくなっているという事なのですね。

その風邪の中にも色々な種類がありますが、妊娠中には特に気を付けなければいけない風邪があるのです。それらの状態と種類についてご紹介したいと思います。

(インフルエンザ)

やはり、風邪の中でも一番注意が必要なのがこのインフルエンザです。高熱・カラダに痛みなど、健康な状態であっても辛いのがこのインフルエンザの症状。抵抗力の弱った状態のママにとっては、それが長引くと命のキケンさえあるのです。

(嘔吐や下痢を伴う風邪)

風邪の症状は軽くても、下痢を伴っている場合には注意が必要です。おう吐や下痢は体内の水分を奪ってしまうために、余計にカラダへのダメージが大きくなりますし、下痢の時の内臓への刺激が、子宮の収縮を招く危険があるのです。

(咳が止まらない)

妊娠中の咳ですが、よほどひどい状態でなければ心配いりません。しかし、その状態が悪化していて咳が止まらないとか、胸から普段とは違う音がする等の場合はお腹の赤ちゃんへの影響・ママのカラダへの危険が伴う場合が考えられます。

(高熱を伴う)

インフルエンザではないが、高熱を伴う風邪をひいた場合、この熱の影響でおなかの赤ちゃんに問題が生じる事があります。

《妊娠中の風邪/お腹の赤ちゃん大丈夫?》

ママが風邪のウイルスに感染しても、お腹の赤ちゃんが感染する事はありません。しかし、ママの症状が赤ちゃんに何らかの影響を与える事は十分に考えられるのです。そうならないためには、風邪を悪化させる前に医師による治療を受けましょう。

《風邪への対処方法》

軽い風邪かな?という程度ならば様子を見ても大丈夫。しかし、基本的には早い段階で医師の治療を受けることが望ましいのです。今は妊娠中にも服用できる風邪薬もありますので、まずは専門家の医師に相談しましょう。

妊娠中の抵抗力がどの程度低下するのかには、個人差があります。さほど抵抗力が落ちていない人ならば、カラダを温めたり栄養のある物を食べるなどで、その症状が改善する場合もあるのですが、抵抗力が著しく落ちている場合には、ちょっとの風邪であっても、みるみる内に悪化させてしまう事もあるのです。

結果を見て慌てるよりも、未然に防ぐ事を選びましょう。

《妊娠中の風邪/風邪薬を飲めないタイミング》

早い段階での対処が望ましいのですが、お腹の赤ちゃんの成長のタイミングによっては、風邪薬を飲めない場合があるのです。

妊娠の超初期から初期にかけては、お腹の赤ちゃんは急激な成長を遂げています。具体的には、身体の各部位が出来始め、同時に臓器が作られるタイミングでもあるのです。このタイミングで風邪薬を服用すると、赤ちゃんの成長に問題が生じる可能性が高くなります。

《妊娠中の風邪薬は何を選べばいいの?》

独自の判断で市販薬を飲むことは絶対に避けましょう。漢方なら大丈夫との意見を聞くことがありますが、そんなことはないのです。

必ず医師の処方薬を服用しましょう。同時に、飲んでよいタイミングなのか、薬をのむ必要がある状態なのかなど、多方面での正しい判断が出来るのは医師だけなのです。

【まとめ】

妊娠中にも風邪薬を服用できるので、こじらせる前に医師に処方してもらい、早めに対処しましょう。しかし、タイミングによっては薬での対処はできませんので、その点も含めて医師の指示を仰ぎ、ママと赤ちゃんの健康を守りましょう。

協力サイト様:【安産のしおり】ママと赤ちゃんの出会いを助ける支援サイト

 

妊娠中の栄養足りてる?/鉄分について

妊娠中に必要な栄養成分はたくさんありますよね。ママの分とお腹の赤ちゃんの分。そんな栄養成分の中には、通常の2倍近く摂取しなければいけない物もあります。

それらには、食品から摂取しやすい物、しにくい物、体内吸収が良い物悪い物、、、それぞれ特徴があり、その摂取に頭を悩ませるママ達もたくさんいるのではないでしょうか?

今回はその中から鉄分にフォーカスをあてて、鉄分とは?・鉄分の役割・鉄分が不足した場合のリスク・鉄分を多く含む食品などについてご紹介したいと思います。

【妊娠中に必要な栄養素/鉄分について】

妊娠中にママが積極的に摂取すべき栄養成分に鉄分があります。この鉄分は体内でどんな働きをしてくれるのでしょうか?

《鉄分の役割》

鉄分は人間の体に必要なミネラルの一つ。主な役割としては、赤血球内のヘモグロビンの原料となっています。

《鉄分が不足した場合のリスク》

この赤血球内のヘモグロビンには、体内に酸素を運ぶという役割があります。ですので、このヘモグロビンが不足した場合、全身の酸素不足・動悸・息切れ・めまい・体のだるさなど、いわゆる貧血の症状があらわれるのです。

《妊娠中の貧血の原因》

妊娠中のママのカラダは貧血になりがちです。これは、妊娠によって増えたママのカラダに必要な血液と、赤ちゃんの分の血液を確保するために増えた血液が関係しているのです。

血液は大きく分けて液体部分と赤血球部分に分かれます。ここで増えたと表現している血液は、液体部分のみで、赤血球は含まれません。

これが何を意味するのかですが、簡単に説明すれば、“薄まった血液”となって増えているという事です。量は足りているけれど、血液内の有効成分が少なくなっているため、その役割を果たせないのです。そのため貧血の症状が起こるという訳なのです。

こうして薄まった血液ですが、鉄分を摂取する事で徐々に改善させる事が可能になります。しかし、必要量の鉄分を摂取できなかった場合、お腹の赤ちゃんが優先的に鉄分を摂取します。こうして、ママのカラダに貧血の症状が現れるのです。

更に貧血が進んだ場合、お腹の赤ちゃんにまで酸素不足が起こり、成長に問題が起こる場合があります。こうならないためにも、貧血の改善は急務なのです。

《鉄分の摂取量》

妊娠中のママに必要な鉄分は、妊娠前の実に1.7倍、1日に20mgといわれています。この鉄分をどうやって摂取して貧血を防げばいいのでしょうか?

《鉄分不足解消のためには》

先ずは食事での摂取を指導されますが、貧血の状態によって、鉄剤の内服薬が処方されます。

《貧血防止の注意点》

(鉄分の体内吸収をジャマさせない工夫)

鉄分を多く含む食品を摂取する事が大切ですが、同時に、コーヒー・紅茶・緑茶などタンニンを含む飲料は鉄分の体内吸収を阻害しますので、摂取を控えます。

(鉄分を置く含む食品を摂取する)

レバー・赤身の肉・貝・魚・大豆・野菜・海藻等の鉄分を多く含む食品を摂取しましょう。鉄分は体内吸収率の低い栄養成分です。ですので、比較的体内吸収率の高い動物性食品からの摂取を心がけましょう。

《鉄分摂取の注意点》

サプリメントなどで多めに摂取し続けた場合、肝機能障害を起こす事があります。必ず用量を守って摂取しましょう。

【先輩ママ達の体験談/鉄分不足】

《貧血で倒れたら…》

仕事中、貧血で倒れて病院へ。そこで妊娠発覚。まるでテレビドラマみたいでしたが、嬉しかったです。

《ひどい貧血》

妊娠初期からひどい貧血になりました。鉄剤を処方され、いくらか改善したのですが、立ちくらみなどは治まりませんでした。出来るだけレバーやアサリなどの、貧血に良いと言われる食べ物を食べ続けました。

《薬が合わない》

妊娠中期から貧血が酷くなり、鉄剤を処方されました。貧血は改善したのですが、鉄剤を飲むたびに吐き気が。ガマンして飲みましたが、辛かったです。

《妊娠後期に貧血》

妊娠中、つわりも軽くて比較的楽な妊娠生活でした。しかし、後期に入り貧血になり、「出産までの2カ月、鉄剤を服用する事に。

医師から鉄剤を処方された際、副作用の可能性を指摘され、その内容に嘔吐がありました。つわりでは嘔吐する事もなく順調に来てしまったので、正直嫌だったのですが、こればっかりは避けて通れない。勇気を出して服用してみました。

幸いなことに副作用は現れず、ひと安心。もう副作用が出る事はないだろうと言われていますが、まだ怖いです。

《サプリメントのお陰?》

妊娠初期にごく軽い貧血を指摘され、葉酸と共に鉄のサプリメントを飲み始めました。その効果があったのか、以降貧血を指摘されることなく出産まで持ちこたえました。

【まとめ】

妊娠にともない、ママのカラダは色々な栄養成分を必要とします。今回ご紹介した鉄分が不足する事が貧血に直結しています。

食品からは比較的簡単に摂取出来るのですが、不足する理由の一つが体内吸への吸収率。どんなにたくさん食べたとしても吸収されなければカラダの栄養とはなりません。悩ましい問題ですよね。

鉄剤が体に合えば鉄剤で問題ないのですが、あわない場合、あるいは薬に抵抗がある場合には、食べ物で補いたいというのもママの気持ちですよね。

食べれる場合はしっかり食べて、それでも足りないならば鉄剤で。そんな風にバランスを取りながら貧血を改善できればいいですね。

 

妊娠中の栄養は足りているかな?/亜鉛について

妊娠中に必要な栄養成分はたくさんありますが、今回はその中から亜鉛に注目してご紹介したいと思います。

ここでは、亜鉛とは?・亜鉛の役割・亜鉛が不足した場合のリスク・亜鉛を多く含む食品などについてご紹介したいと思います。

【妊娠中に必要な栄養素/亜鉛について】

妊娠中にママが積極的に摂取すべき栄養成分に亜鉛があります。この亜鉛は体内でどんな働きをしてくれるのでしょうか?

《亜鉛とは?》

亜鉛は、人体に必要なミネラル成分の一種です。体内の必要量はごくわずかなのですが、そのわずかな量が体内では重要な役割を果たしているのです。

しかし、亜鉛を含んだ食品が少ない事・食事から摂取した亜鉛の体内吸収率が30%程度と非常に低い事から、不足しがちな栄養成分の一つなのです。

《亜鉛の役割》

亜鉛の働きは細胞分裂・新陳代謝など多岐にわたっています。妊娠していない状態で、もしこの亜鉛不足を起こした場合には、貧血・免疫力の低下・精神神経症状など、あらゆる健康問題を発症させてしまいます。

《妊娠中のママにとって、一日に必要な亜鉛の摂取量》

妊娠前の1.3倍、約13mgの摂取が必要だと考えられています。

《亜鉛が不足した場合のリスク》

妊娠しているママのカラダにこの亜鉛不足をおこしてしまった場合には、ママのカラダの免疫力が低下する・つわりがひどくなる・お腹の赤ちゃんの発育に問題が発生するなどの影響が考えられます。

《亜鉛を多く含む食品》

では、どうやって食品から亜鉛を摂取すればいいのでしょうか?まずは、亜鉛を多く含む食品をご紹介したいと思います。

  • 牛赤身のソテー100g・・・5.6mg
  • うなぎのかば焼き150g・・4.0mg
  • カキフライ1個・・・・・2.5mg
  • ゆでたまご1個・・・・・0.8mg
  • アーモンド10粒・・・・・0.44mg
  • スライスチーズ1枚・・・0.6mg

このように、比較的亜鉛を多く含む食品であっても、必要量を摂取できる食材となると、限られています。毎日の必要量を確実に摂取するとなると、毎日牛肉を200g以上食べる・ウナギを毎日450g食べる等が必要となります。しかしこれには現実味がありません。

しかも、亜鉛はカルシウムなどと異なり、体内では一切生成されませんので、食品などからの摂取が絶対条件なのです。

では、どうやって亜鉛不足に陥らないようにすればいいのでしょうか?

《亜鉛はサプリメント摂取が基本》

残念ながら、食品からの亜鉛の必要量の摂取が困難な場合には、サプリメントからの摂取で補うほかありません。

では、サプリメントで亜鉛を補う時の注意点はあるのでしょうか・

《サプリメントの安全性について》

(摂取量)

先ず、妊娠中に必要な分量の亜鉛を摂取する事が大前提なのですから、まずは一日の摂取量で必要な分量が摂取できる物を選択しましょう。

(含有成分)

含有成分を明確に表示している商品を選びましょう。その際に、天然の由来の成分から抽出した亜鉛を選択するのが安心・安全です。

中でも有名な原材料が牡蠣。牡蠣サプリメントなどと呼ばれる位に亜鉛=牡蠣と認知されている程です。この牡蠣には、亜鉛以外ではビタミン類・ミネラル類・タウリン・グリコーゲンなど豊富な栄養素も含んでいます。

《亜鉛の副作用》

亜鉛はカラダに必要な成分なのですが、過剰摂取した場合には副作用の症状が起こります。その例としては、頭痛・吐き気・嘔吐など。

あるいは免疫力の低下の原因ともなり得るのです。また2,000mg以上に摂取してしまった場合には、急性中毒の危険がある栄養成分なのです。サプリメントは体内吸収率が良いため、すぐに体に影響が現われます。絶対に過剰摂取は避けましょう。

《吸収に関する注意点》

亜鉛を摂取する際、その吸収率を上げる為には、ビタミンC・クエン酸・リンゴ酸など、酸性の栄養素と同時摂取すればその吸収率を上げる事が可能になります。

逆に、コーヒー・ポリリン酸などの成分は、亜鉛の吸収を阻害しますので、同時摂取は控えましょう。ポリリン酸は加工食品などに含まれることが多々ありますので、加工食品を控えるか、成分表で確認する事をオススメします。

【先輩ママの経験とアドバイス/亜鉛の摂取方法】

先ずは食事が大切と考え、チーズや牛肉から摂取しようと頑張っていたのですが、どう考えても足りない。焦った私は先輩ママに相談したところ、サプリメントでいいじゃんときっぱり言われ、一瞬固まった。普段から健康は食事からが鉄則と考えていた私にとって、思いもよらない一言でした。

しかし、実際に必要の亜鉛を食事から摂るなんて事、出来そうにないと気づき始めていたので、素直にサプリメントを取り入れる事にしました。以来、葉酸、鉄分と不足しがちな栄養成分はサプリメントでいいじゃんに変わってきました。

サプリメントばかりも不安だったのですが、思うように食べ物から栄養成分を摂取できない時には、足りないよりはサプリメントと割り切って活用しています。

【まとめ】

妊娠中に必要な量の亜鉛を食品から摂取するのはほぼ不可能。しかも、体内では生成されない成分ですので、食事などからの摂取が絶対条件となります。

となると、葉酸同様サプリメントでの摂取が大前提となる事が分かりました。

しかし、摂取量オーバーによる副作用もありますので、サプリメントの摂取量を守って、安全に亜鉛を摂取できるように心がけましょう。

妊娠中に必要な栄養素をサプリメントで摂取する場合の注意点/葉酸

妊娠中に必要な栄養成分はたくさんありますよね。その中でも代表的な栄養成分が葉酸です。この葉酸、生命活動になくてはならない必須ビタミン軍に属しているほどの重要な栄養成分なのです。

葉酸の具体的な役割には、細胞分裂・細胞増殖を活性化させるといった働きがあります。この役割は、特に妊娠超初期から初期にかけてのお腹の赤ちゃんの成長においても、とても重要な役割なのです。

もし、万が一にもこの大切な時期にママの体内の葉酸が不足してしまったら、赤ちゃんの先天性異常のリスクが増大する原因ともなってしまいます。

このような理由から、病院での受診の際にも葉酸のサプリメントでの摂取を勧められますし、妊娠をサポートするべく情報を掲載している雑誌などにも、しきりに葉酸の必要性とサプリメントでの摂取を推奨する記事などが多数掲載されています。

こうなると、検討したくなりますが、必要な情報が案外手に入らない。売れている葉酸とか、人気の高い葉酸サプリメントについての記事は多数目にするのですが、安全な葉酸サプリメントの選び方に関しての情報には、残念ながら少ないのが現状。

しかし、多くのプレママにとって知りたいのが、安全な葉酸サプリメントの選び方ではないでしょうか?

そこで、今回は安全な葉酸サプリメントの選び方について調査・ご紹介したいと思います。

【妊娠中に必要な栄養素/安全な葉酸サプリメントの選び方】

《安全なサプリメントの定義》

では、何を安全の根拠とするのか?どんな葉酸サプリメントが安全と言えるのか、これですよね。この点が今回のテーマの重要なポイントとなります。

色々な条件が考えられるのですが、ここでは、含有量・含有成分・原材料リスク問題が解決されているのか否か、これらを安全基準と考えてご紹介したいと思います。

《安全な葉酸サプリメント/含有量》

そもそも、葉酸を摂取する目的ですが、赤ちゃんの先天性異常を回避する事にあります。そのためには必要量の葉酸を摂取する事が可能なサプリメントを選択する必要があります。

その分量については、厚生労働省によって推奨量が公に発表されているので、これを基準と考えたいと思います。

その分量は、1日の葉酸摂取量=毎日の食事からの摂取量プラス葉酸サプリメントから1日400μg摂取する事と定義されています。

ですから、一日の摂取分量を400μgとしているサプリメントを選択する必要があるのです。

《含有成分》

(天然由来がベター)

では、どんな成分なら安全と言えるのでしょうか?

これも厚生労働省によって推奨されている『モノグルタミン酸型』葉酸を安全の基準と考えましょう。

ただし、この『モノグルタミン酸型』は2種類に分類され、1つが野菜や果物などの植物由来、もう一つが、化学合成された物なのです。

化学合成されているサプリメントについては、安全であると定義する向きもありますが、妊娠中に摂取するにはやはり抵抗があります。しかし、サプリメント、特に安価に価格設定されている物には、化学合成されている葉酸が多数存在しているのです。

成分表内などをしっかりと確認して、天然由来成分であることを確認したうえで取り入れましょう。

(葉酸をサポートする成分の含有)

葉酸が十分にその力を発揮するためには、協力関係にあるビタミンB12が必要なのです。ですから、このビタミンB12も含んだ葉酸サプリメントを選択しましょう。

《原材料リスク問題の解決について》

原材料がセシウム汚染されている場合、その原材料でできたサプリメントを毎日摂取するという事は、その影響がママにも体内の赤ちゃんにも及ぶという事になってしまいます。

そのリスクには、胎児の奇形や障害リスクといった大きな危険性を含んでいますので、原材料の放射能チェック表示・セシウムチェック表示をしているサプリメントを選択しましょう。

《その他/飲みやすさ》

ここでご紹介するポイントは安全性から少し離れた視点、“飲みやすさ”に絞ってご紹介したいと思います。

(匂い)

サプリメントを選択する場合、見落としがちなのが飲みやすさ。葉酸サプリメントは、つわりのタイミングで摂取するため、その形状・香りなど毎日飲む事を考慮して飲みやすい物・続けやすい物などのも選択の基準としましょう。

せっかく赤ちゃんのために摂取するのですから、その成分や効果以外の“飲みにくい”という理由で飲めなくなるのは、勿体ない。そうならないように、購入の際には十分検討して購入しましょう。

【まとめ】

サプリメントの購入にも、成分・安全性・形状・価格などに問題なく、継続できる物を選択する事が重要なポイントとなります。

続けて飲んで、お腹の赤ちゃんにママの愛情と共に、必要な栄養成分を届けてあげましょう。そして、その栄養成分をしっかり享受して、元気な赤ちゃんを産んでください。ママ、ファイトです。