妊娠中の栄養足りてる?/鉄分について

妊娠中に必要な栄養成分はたくさんありますよね。ママの分とお腹の赤ちゃんの分。そんな栄養成分の中には、通常の2倍近く摂取しなければいけない物もあります。

それらには、食品から摂取しやすい物、しにくい物、体内吸収が良い物悪い物、、、それぞれ特徴があり、その摂取に頭を悩ませるママ達もたくさんいるのではないでしょうか?

今回はその中から鉄分にフォーカスをあてて、鉄分とは?・鉄分の役割・鉄分が不足した場合のリスク・鉄分を多く含む食品などについてご紹介したいと思います。

【妊娠中に必要な栄養素/鉄分について】

妊娠中にママが積極的に摂取すべき栄養成分に鉄分があります。この鉄分は体内でどんな働きをしてくれるのでしょうか?

《鉄分の役割》

鉄分は人間の体に必要なミネラルの一つ。主な役割としては、赤血球内のヘモグロビンの原料となっています。

《鉄分が不足した場合のリスク》

この赤血球内のヘモグロビンには、体内に酸素を運ぶという役割があります。ですので、このヘモグロビンが不足した場合、全身の酸素不足・動悸・息切れ・めまい・体のだるさなど、いわゆる貧血の症状があらわれるのです。

《妊娠中の貧血の原因》

妊娠中のママのカラダは貧血になりがちです。これは、妊娠によって増えたママのカラダに必要な血液と、赤ちゃんの分の血液を確保するために増えた血液が関係しているのです。

血液は大きく分けて液体部分と赤血球部分に分かれます。ここで増えたと表現している血液は、液体部分のみで、赤血球は含まれません。

これが何を意味するのかですが、簡単に説明すれば、“薄まった血液”となって増えているという事です。量は足りているけれど、血液内の有効成分が少なくなっているため、その役割を果たせないのです。そのため貧血の症状が起こるという訳なのです。

こうして薄まった血液ですが、鉄分を摂取する事で徐々に改善させる事が可能になります。しかし、必要量の鉄分を摂取できなかった場合、お腹の赤ちゃんが優先的に鉄分を摂取します。こうして、ママのカラダに貧血の症状が現れるのです。

更に貧血が進んだ場合、お腹の赤ちゃんにまで酸素不足が起こり、成長に問題が起こる場合があります。こうならないためにも、貧血の改善は急務なのです。

《鉄分の摂取量》

妊娠中のママに必要な鉄分は、妊娠前の実に1.7倍、1日に20mgといわれています。この鉄分をどうやって摂取して貧血を防げばいいのでしょうか?

《鉄分不足解消のためには》

先ずは食事での摂取を指導されますが、貧血の状態によって、鉄剤の内服薬が処方されます。

《貧血防止の注意点》

(鉄分の体内吸収をジャマさせない工夫)

鉄分を多く含む食品を摂取する事が大切ですが、同時に、コーヒー・紅茶・緑茶などタンニンを含む飲料は鉄分の体内吸収を阻害しますので、摂取を控えます。

(鉄分を置く含む食品を摂取する)

レバー・赤身の肉・貝・魚・大豆・野菜・海藻等の鉄分を多く含む食品を摂取しましょう。鉄分は体内吸収率の低い栄養成分です。ですので、比較的体内吸収率の高い動物性食品からの摂取を心がけましょう。

《鉄分摂取の注意点》

サプリメントなどで多めに摂取し続けた場合、肝機能障害を起こす事があります。必ず用量を守って摂取しましょう。

【先輩ママ達の体験談/鉄分不足】

《貧血で倒れたら…》

仕事中、貧血で倒れて病院へ。そこで妊娠発覚。まるでテレビドラマみたいでしたが、嬉しかったです。

《ひどい貧血》

妊娠初期からひどい貧血になりました。鉄剤を処方され、いくらか改善したのですが、立ちくらみなどは治まりませんでした。出来るだけレバーやアサリなどの、貧血に良いと言われる食べ物を食べ続けました。

《薬が合わない》

妊娠中期から貧血が酷くなり、鉄剤を処方されました。貧血は改善したのですが、鉄剤を飲むたびに吐き気が。ガマンして飲みましたが、辛かったです。

《妊娠後期に貧血》

妊娠中、つわりも軽くて比較的楽な妊娠生活でした。しかし、後期に入り貧血になり、「出産までの2カ月、鉄剤を服用する事に。

医師から鉄剤を処方された際、副作用の可能性を指摘され、その内容に嘔吐がありました。つわりでは嘔吐する事もなく順調に来てしまったので、正直嫌だったのですが、こればっかりは避けて通れない。勇気を出して服用してみました。

幸いなことに副作用は現れず、ひと安心。もう副作用が出る事はないだろうと言われていますが、まだ怖いです。

《サプリメントのお陰?》

妊娠初期にごく軽い貧血を指摘され、葉酸と共に鉄のサプリメントを飲み始めました。その効果があったのか、以降貧血を指摘されることなく出産まで持ちこたえました。

【まとめ】

妊娠にともない、ママのカラダは色々な栄養成分を必要とします。今回ご紹介した鉄分が不足する事が貧血に直結しています。

食品からは比較的簡単に摂取出来るのですが、不足する理由の一つが体内吸への吸収率。どんなにたくさん食べたとしても吸収されなければカラダの栄養とはなりません。悩ましい問題ですよね。

鉄剤が体に合えば鉄剤で問題ないのですが、あわない場合、あるいは薬に抵抗がある場合には、食べ物で補いたいというのもママの気持ちですよね。

食べれる場合はしっかり食べて、それでも足りないならば鉄剤で。そんな風にバランスを取りながら貧血を改善できればいいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です